>> 長尾デザイン

〒460-0003 名古屋市中区錦2-11-13 長者町トランジットビル 2A

 

TEL: 070-5331-6211

MAIL: nagao@nagaodesign.jp

HP: www.nagaodesign.jp

 

TEL :  070-5331-6211

E-メール :  nagao@nagaodesign.jp

>> NAGAO DESIGN

#2A Chojamachi TRANSIT BUILDING 2-11-13 Nshiki, Naka-ku, Nagoya-shi AICHI JAPAN 4600003

 

CELL :  +81 70 5331 6211

MAIL :  nagao@nagaodesign.jp

 

 

名古屋土産の定番として


名古屋のお土産「納屋橋まんじゅう」のパッケージを、組み立て方から、紙の材質、トレイまで、全て見直しました。

 

これまでのパッケージは、和テイストでまとめられたものではありましたが、やはり、お土産としての「量感」や「存在感」という点では、少し物足りなさが否めないものでした。

 

 

 

意匠の他、構造設計も行いました。

 

この納屋橋まんじゅうは、もうすぐ100年企業となる、

クライアントの万松庵さんにとって、看板商品であり、重要な経営資源です。

 

箱の設計を行う時、手に取るお客様がどう思うかが一番重要と考えがちですが、

この箱を組み立て、運ぶのは万松庵のスタッフの皆さんです。

 

実は工場へ見学に行かせていただいたのですが、

朝の出荷時は数千個と箱が積上っていました。

 

見た目を重視するあまり、複雑な構造の箱になり準備に手間がかかるようになってしまう、運搬に無駄なコストがかかってしまう等、「送り出す側」にも十分気をつける必要がありました。

 

出来上がった箱は誰でも組み立てが簡単に出来ます。

 

また、トレイには仕切りの部分は、つまみ易いようにに「くぼみ」を入れ、同時に、曲がり易い構造になっており、慌ただしい出荷時に、多少乱暴に箱へ収めても大丈夫です。

 

 

現場を見る事

 

デザインされたものと言えば、「おしゃれ」「かっこいい」「きれい」といったイメージが浮かび、当然大切なことですが、長尾デザインが実現したいのは、「外見と機能、両方が良いもの」そして、クライアントのモノやコトに役に立つデザインです。

 

そのためには万松庵さんのケースのような、工場を見なければ分からなかったこと、クライアントと、その先のお客様、両方を見ながら、デザインを行っていきたいと考えています。

 

 

JR名古屋駅キオスクや、愛知県内のイオン、アピタ、セントレアや御園座で販売しております。